さらばCCプラザ(広島県三次市)

広島市に住む自分、趣味の温泉巡りで一番訪れるのはお隣の島根県です。 車で、下道をたんたんと進む行程。 途中、広島の県北のまち三次(みよし)を通過することが多いです。 三次を目的にお邪魔することは多くはないのですが、自分にとってはなじみの街です。 不採算として大々的に(?)発表されたJR芸備線のターミナル駅。 …
コメント:0

続きを読むread more

大万木山(島根県) 白銀の山と茶濁のラムネ銀泉

桜っていつ見ても飽きることがないですね。 皆さまのお住まいの地域では桜はどんな状況でしょうか? こんな話ができる花も他にないような気もします。 年によって、早い遅いはありますが、時期になると必ず咲き誇って散っていく・・・。 特別な場所に行かなくてもめでることができる・・・。 今年も桜が見れた・・・なんて感傷…
コメント:2

続きを読むread more

スターダスト☆レビュー 40周年ライブツアー「年中模索」 三原市芸術文化センターポポロへ行ったの巻

自分の今の趣味ってなると、やはり一番は温泉。 二番目は山登り。ですが、もともと音楽が好きで、学生時代から少しづつギターも 弾いたりしていました(笑)。 弦がきれてほっぽらかしになってはや何年?(苦笑)。意を決して、新しい弦を購入し、 張り替えようと思ってはや何か月?(苦笑)。 広島市在住の自分、行きつけの尾…
コメント:2

続きを読むread more

松山市ぶらり 2021年秋

あけましておめでとうございます。 大変な世の中、皆さま、健康第一でお願いいたします。 年も明けたこの時期、「時を戻そう」・・・、2021年10月へ・・・(笑)。 広島市に住む自分、松山は母方の故郷でちょくちょくお邪魔する土地。 自分の温泉好きの原点となった地でもあります。 何人か親戚もいるのですが、年ととも…
コメント:2

続きを読むread more

さらば 日本一短い航路 音戸渡船 (広島県)

この秋は寂しい話がことのほか多いような気がします・・・。 自分の地元広島県は、穏やかな瀬戸内海に面し、多くの島々が織りなす多島美が自慢のひとつです。 趣味の温泉巡りで山陰に行き、日本海の荒波にふれると、いつもぼんやりながめる海との違いに 「日本も広いな~」なんて思ったりします。 広島県の呉市は、最近映画で…
コメント:2

続きを読むread more

広島繁華街ぶらり お酒ではなくワクチン注入!

1月に記事を書いて、そのまま9月まで・・・。 時がたつのって早いですね~。(お前がものぐさなだけや。) 自分は、なぜかウェブリブログのコメント機能が廃止されると勘違いして おり、ほっぽらかしになっていましたが、実はそうではなかったみたい。 久しぶりに、記事を書いてみる気になりました。 皆さまいかがお過ご…
コメント:2

続きを読むread more

NEW恩湯(長門湯本温泉)と町の湯(俵山温泉)と清水湯(山口市) 共同湯を想う

あけましておめでとうございます。 大変な世の中、皆さまにとって良い年となりますように! 新年早々、昨年の秋の記事を書くのんきな自分です(笑)。 名共同湯だった山口県の長門湯本温泉の恩湯。 いろんな方のご尽力により建替え中であったことは、常に頭にありました。 あの「恩湯」のない長門湯本温泉にはお邪魔する気にな…
コメント:4

続きを読むread more

「嬉しいことに山があり、海がある」・・・大崎上島(広島県)ぶらり

尾道ラーメン・・・。 広島県に住む者ではありながら、今一つ理解できてないことがらの一つです(笑)。 長年、「尾道ラーメン」をひっぱってこられた朱華園さんが休業され寂しく思っていますが、そもそも 尾道ラーメンの定義って何だろうか・・・。 尾道の中心街をふらつくと、たくさんのラーメン屋さんがありますが、それぞれ味も雰…
コメント:2

続きを読むread more

めったに行かないに敢えて行く 鳥取旅 GO TO TROUBLE

暑中お見舞い申し上げます。 大雨、コロナなどなど大変な世の中、いかがお過ごしでしょうか。 くれぐれもご自愛ください。 久方ぶりに、記事を書いてみる気になった呑気な自分です。 こんな世の状況下、なぜか一泊二日の旅行に無性に行って見たくなり(?)、 出発の前日に、何件か宿に連絡をとり、とれた宿を基点に旅すること…
コメント:8

続きを読むread more

素晴らしき足元湧出温泉の世界 中国地方

世の中は大変なことになってますね。 皆さまいかがお過ごしでしょうか。 閉塞感漂う雰囲気の中、行ったつもりで目で楽しむ、中国地方の足元湧出温泉 について徒然にご紹介してみる気になりました。 自分の温泉巡りのスタイルは、地元広島から車移動の日帰り行程。 一番好きなのは、いわゆる共同湯スタイルの施設です。 …
コメント:2

続きを読むread more

マンホール探訪

あけましておめでとうございます。 その前に、よいお年を・・・。 皆さまお元気にお過ごしでしょうか。 すっかりさぼり気味の当ブログ・・・。 そんなのあったのかシリーズで今年はスタートです(どうでもいいわ) 温泉を求めて、日帰りの車旅が趣味の自分。 その地その地の「ご当地マンホール」を撮るのも好きなんです…
コメント:4

続きを読むread more

暗闇での夕食時間との孤独な闘い 笹間ヶ岳(滋賀県)

自分は、バス旅行などで他県を旅する時、できればその地域の山にも登りたい と考えています。 ツアーなどですと、行程などを考え夜に抜け出して(笑)登ったりして きました。 思い返せば、長崎の旅では、ランタン祭りの喧騒も静まった深夜の稲佐山登山。 佐賀の嬉野温泉に泊まった時は、ホテルの非常灯をお借りしていったこれ…
コメント:2

続きを読むread more

急がば回れ walk don`t run 近江旅

台風・大雨被害にあわれた方々、お見舞い申し上げます。 数十年に一度が、年に何回あるのやら・・・。 「命を守る行動をしてください・・・」、結局は頼れるのは自分だけか・・・。 ふいに、滋賀県に用事ができ、一泊二日の小旅行を敢行することになりました。 私事ですが、学生時代4年間ほど京都で過ごした関係で、…
コメント:2

続きを読むread more

行き当たりばったり鳥取湯巡り 東郷温泉 寿湯(鳥取県) 吉岡温泉 一ノ湯(鳥取県)

わがカープ・・・。今シーズンはいろいろあり、4連覇どころかAクラスをも逃してしまい、 寂しい秋となりました・・・。 自分は野球に限らず、スポーツ観戦が結構好きで、今は織田裕二の代表作「世界陸上」を 見ながら、知らぬ間に朝になって慌てる暮らしをしております(どうでもええわ。)。 先日、ふと鳥取の湯に浸か…
コメント:2

続きを読むread more

古鷹山(広島県)登山と海水浴 さよなら夏の日

♪さよなら夏の日~♪ 暑中お見舞い申し上げます。 暑い日々は続くのですが、8月が終わると夏が終わっていくような感じがして なんとなく寂しく感じます。 暑い夏が得意でもなければ、じゃあいつの季節がいいんだと問われれば、明確な答えに 窮する自分です。 夏の終わりは結構歌にも歌われていますね。 最近で…
コメント:2

続きを読むread more

有福温泉(島根県)にそびえる本明山登山 祝再開やよい湯

昨年の西日本豪雨から一年が過ぎました・・・。 かくいう自分も、車ごと川に落ちかけ、夜中に必死で車を引き揚げた(笑(いごとではないが)) ことを昨日のことのように覚えています。 被害にあわれた方々にはあらためてお見舞い申し上げます。 温泉地にそびえる山に登るシリーズ(そんなのあった?)です(笑)。 広…
コメント:4

続きを読むread more

里山の風景 2019年 春

山歩きを趣味にするようになり、数年がたつ自分。 主に歩く近所の里山では、人に出会うよりも猪やたぬき、猿に出くわすことが多いです(笑)。 鹿も増えてきてますね・・・。 人にあう時の方がびっくりしたりして(笑)。 山歩きをするようになって、柄にもなく花にも興味を持つようになりました。 華のない人間が花をめでる・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横浜たそがれ旅

人にはどうでもいいこだわりがあったりしますね。 自分にもいくつかあります(笑)。 例えば、 「ラーメンにコショウは入れない」 「ガラケイを使い続ける」 「生涯、飛行機には乗らない」 ・・・などなど。 平成も押し迫った4月下旬、横浜に用事があり、二泊三日の旅をすることになりました。 旅の移動…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さらば千代田温泉(広島県)

「令和」・・・と初めて打ってみました(それがどうした)。 ここ最近、中国地方の温泉施設では、改修や建て替え、運営者変更などで一時休業している 所が多くあります。 そうした中、地元の新聞にて広島県の県北エリアにある「味わいの塊」千代田温泉が 3月末で営業をやめられる記事を目にしました・・・。 頻繁にお邪魔でき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福を求めて福田頭(広島県)登山と至福のぬる湯千原温泉(島根県)

「人生プラマイゼロ」・・・、誰が言ったかはわかりませんが本当のような気がする、 宝くじが300円しか当たったことのない人間のつぶやきです(笑)。 少し遠出の山歩きをしてみる気になりました。 遠出といっても、自分の住む広島県内の山です。ただ、広島県も意外と広く 下道で2時間強かけて、庄原市の比和町にやってきました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more