湯遊人生

アクセスカウンタ

zoom RSS 三瓶温泉亀の湯 温泉津温泉元湯(島根県) 夏の湯巡りを秋に

<<   作成日時 : 2017/10/02 12:43   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

年々暑くなっていく夏も終わり、さすがに秋らしくなってきました。

便利になった世の中、夜中に昭和の歌謡曲をパソコンで見ながら切ない感じを味わうのが日課となりつつ

ある今日この頃・・・。

懐かしの「夜のヒットスタジオ」の映像とか見ながら、妙に昔のことを思い出したりしてます(笑)。

病んでいるのかな・・・(笑)。

つまならい前置きが長くなりました。


そんな秋の日に、夏のまっさかり8月中旬の湯巡りの記事を書きます(笑)。

涼を求めてお隣の島根県の三瓶の高原エリアにやってきました。

三瓶エリアは地味ですが、特色のある湯が湧き出ている温泉の宝庫です。

2つある三瓶の共同湯中、地元の方専用の趣の濃い亀の湯にやってきました。

画像


ふうりんがいい風情です!

無人の共同湯、三瓶の30度中盤の湯がそのまま楕円形で結構深い湯船にザブザブ投入されています。

画像


夕方からは、町の方々がかわるがわるお越しになり、適温に加温もされ、賑わいます。

そんな時間帯にお邪魔したこともありますが、昼日中にお邪魔するとたいがい独り占めできることが多いです。

三瓶系の茶濁の湯、30度ちょっとの湯に身をゆだね、浮力で少し浮かび気味になりながら目を閉じ、

何も考えないでいるとほんとに癒されます!

時代と時間がストップしたような空間から重い腰を上げ、亀の湯をあとにし、三瓶の温泉街(?)をぶらつきます。

今年のふうりんの湯が設営されていました。

画像


夏季限定の露天風呂です。

画像


さきほどまでお邪魔していた亀の湯よりも、より泉源に近く、湯温もやや高く、より新鮮な湯を味わうことが

できますよ(笑)。ちょっとだけ手浴(?)して、山から海へ・・・。

日本海に面した石見銀山の積出港へ・・・。

途中ワンカップをゲット。

画像


島根県大田市のお酒、石見銀山。

三瓶の高原エリアから一気に標高を下げ、日本海の荒波を右手に見ながら、温泉津温泉に着きました。

山陰本線の温泉津駅の風景です。

画像


そして、温泉津のマイクロバス。狸が見つけた温泉津温泉ですが、狸が余裕の表情で浸かる湯は、

なかなか湯力ありますよ!

画像


いつだったか、温泉津の温泉街でほんものの狸にでくわしたことがあったっけ。

いつもの温泉津温泉元湯です。

画像


貫禄の湯船

画像


そして、この日、息の止まる熱さだったあつい湯浴槽。

画像


しっかりかけ湯をして、ぬるい湯浴槽にて体を慣らし、そしてあつい湯浴槽へ・・・。

最初は長湯は禁物、かといってすぐに飛び出るのではなくじっくり肩まで浸かって・・・。

足先がしびれるほど熱い場合はあらかじめつま先だけ水で冷やされる方もおられます。

ほとんど浸からずに飛んで帰られる方もおられますが、できれば、ぬるい湯浴槽に短時間でもいいので、

時間湯的に数回浸かられ、お湯の力をいただいて帰って頂きたいなぁ、なんてよそ者が思います(笑)。


三瓶亀の湯のぬる湯から、温泉津元湯のあつい湯へ・・・。

山の湯から海の湯へ・・・、自分の定番湯巡りです(笑)。

温泉津のお酒、開春。

画像


小さい温泉マーク、ご覧いただけますでしょうか?



おまけ

ちょっとリアルタイム、カープ優勝が決まる前のある道の駅での風景

画像


優勝する前提で、小さなお餅をいただきました。


おまけ2

カープの今年のMVPはこの方?

画像


不動のセンター 丸ちゃん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
sattoruさん、すっかり涼しくなりましたね。急に寒いくらいですね(笑)
三瓶の夏季限定の露天風呂、プールみたいで面白いです。実際入ったら楽しそうですね。茶色いお湯から、効能ありそうな温泉津元湯へ・・。羨ましい定番ですね。
それにしても、今まで色んなワンカップを堪能しましたね。中でもお気に入りはあるんでしょうか?!
おぐまさ
2017/10/06 18:05
おぐまささん。涼しくなってきましたね。季節の変わり目ご自愛ください。今回の湯巡りはちょっと渋すぎる感じかもですね(笑)。一度白濁の硫黄泉を堪能してみたいです。だんだん温泉の恋しい(?)季節になってきます。湯巡りでワンカップをゲットするというのは、我ながらいい趣味(?)を見つけたと思ってるんです(笑)。土地土地の地酒は、名前もそれぞれですが、味も結構特色があり、違いを楽しんでます。10月の7、8日と近所の広島県東広島市の酒都西条では大々的に「酒まつり」が開催されます。会場や駅周辺に、昼間っから呑みつけないお酒にダウンしている人々が散見されるという驚異のお祭りです(笑)。西条の「白牡丹(はくぼたん)」、今回の温泉津の地酒、独特な味わいの「開春」、広島県の呉の「雨後の月」なんて結構お気に入りですよ。
sattoru
2017/10/07 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
三瓶温泉亀の湯 温泉津温泉元湯(島根県) 夏の湯巡りを秋に 湯遊人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる