湯遊人生

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠くで汽笛をききながら・・・ 青野山から柿の木温泉(島根県) 湯の山温泉館(広島県)

<<   作成日時 : 2017/06/11 12:23   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

最近久しぶりに山歩きをして、毛虫にかまれて体中大変なことになった今日この頃。皆さまいかが

お過ごしでしょうか(笑)。

地元の広島市から車での日帰り湯巡りを趣味とする自分、お隣の島根県は数えきれないくらいお邪魔

しているのですが、なぜか島根県西部の津和野(つわの)の町は訪れたことがありませんでした。

厳密にいいますと、津和野を代表する「青野山」には数回登ったことがあり、「町」にはいったことがない

ということです(紛らわしい)。

ふらっと寄ってみることにしました。

観光地らしい町並みをさーっと一回り。

カトリック教会

画像



森鴎外さんのゆかりの地でもあり、さだまさしさんの「案山子」の素材となった町でもあるそうですね。

時間の都合でゆっくりできませんでしたが、いつかじっくり回ってみたいです。(野湯もあるらしいので(笑))。

散策もそそくさに、青野山へと向かいます・・・。

画像


古い火山、形のいい山です。

さっそく、登っていきます。(笹山登山口)

画像


15時33分でした。

整備された道が続きますが、ほぼ階段の急な行程。津和野小学校の生徒さんが100メートルごとに、激励の

看板を付けれくれており励まされます!!

地元に根差した里山のほほえましい風景だと思います。

途中の唯一の展望地からパチリ。

画像


このあたりから徐々に「階段地獄」から解放されます(笑)。

青野山山頂

画像


標高907メートル。16時03分でした。

画像


頂上は意外と広いです。

祠のある北側から、益田あたりの日本海をパチリ。

画像


そして、先ほどまでいた津和野の町と思しき風景をパチリ。

画像


と、ここでかすかに汽笛の音が聞こえました!!

あっ、そうか。津和野はSL山口号が走るんだった!

♪遠くで汽笛をききながら・・・。

青野山の山頂で聞く、SLの汽笛もいいもんだ・・・。古い歌を誰もいない山中で口ずさみながら、下山を

開始します(笑)。

降りてきました。

画像


16時40分でした。

この後は、柿の木温泉はとの湯荘へと向かいます。

地元の子供たちも温泉へ急げ!!(笑)

画像


日本一の清流高津川のほとりにあるこの施設。茶濁の濃厚な、三瓶温泉によく似た湯に浸かると、山登り

の疲れ、日ごろの疲れもすっとひきます。

画像


源泉温度は30度くらい。加温かけ流しの形です。湯の色が濃いので、浴槽中の岩の出っ張りなどに要注意

です(笑)。田植えを終えたお百姓さんがされる湯治を「泥落とし」というようですが、ここに浸かると、さらに

濃厚な湯の華が体やタオルに付着しますよ(笑)。

シャンプー等のアメニティもばっちり、家族づれにもお勧めの施設です。

ここから帰路へ、ただ一湯だけではと地元広島の中での常湯のひとつ、湯の山温泉の湯の山温泉館に立ち寄り

ます。

すっかり夜になってしまってました。

画像


ここの名物は、20度台中盤の「冷た〜い湯(?)」の源泉打たせ湯です(笑)。

屋外の薄暗い打たせ湯を頭からかぶると、ジャワカレーの辛口のような爽やかさです(なんじゃそりゃ)。

内湯のやや消毒臭がきつい41度くらいの湯温の浴槽との往復は、なかなか楽しいですよ(笑)。

柿の木温泉の泥(?)を清澄な湯で洗い流す形になり、ちょっともったいなかったかな(笑)。

(ラジウム泉のホルミシス効果はバッチリ(?))。


おまけ

カラスも字が読めるんでしょうか?

画像



おまけ2

広島の小京都竹原にて。おしゃれなカープファン。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
写真でしか知りませんが津和野の城下町の町並み行ってみたいと思っていました。その津和野のシンボル的な青野山、ポッコリと形の良い山ですね、山と言えばどこにも山の数ほど(笑)ある中からsattoruさんはどう選ぶのでしょうか?
濃厚な柿の木温泉に浸かって、帰りは自宅近くの湯の山温泉に入って運転疲れをとって帰宅される、なんとも良い湯巡り旅ですね。
おまけの写真もおもしろい(^_-)-☆、カラスは頭がいいと言いますから読めるのかも(笑)
幸村
2017/06/12 09:11
幸村様。お膝元にはいくつあるのでしょうか、日本百名山は…。数えきれないくらいでしょうね(笑)。中国地方にはなんと、鳥取の大山一座のみです(笑)。こういったジャンル分けって結構あるようで、広島百山や中国百名山なんてのもあるんですよ(笑)。山登りはまず、近所の山は全部登りたい…から始まって、広島百山、中国百名山に登りたいってなります。日本百名山はまだ3座、広島百山は66座、青野山も名を連ねる中国百名山は25座しか登ってません(泣)。近所の名もなき山にはたくさん登ってますけどね(笑)。
sattoru
2017/06/13 02:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
遠くで汽笛をききながら・・・ 青野山から柿の木温泉(島根県) 湯の山温泉館(広島県) 湯遊人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる