湯遊人生

アクセスカウンタ

zoom RSS 湯治2連湯 千原温泉 温泉津温泉元湯(島根県)

<<   作成日時 : 2016/12/31 12:54   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

中国地方を中心に車での湯巡りを趣味とする自分ですが、最近なかなか温泉に行けてません(泣)。

温泉に浸かると翌日体が軽く感じる・・・、温泉の効能をかんじる瞬間です。

気のせいかもしれませんが、自分はそう信じています(笑)。

あまり温泉に行けない時に敢行する、自分の定番湯巡りパターン。超強力な湯治湯の2連湯です。


地元の温泉貧国広島県からもっとも近いともいえる秘湯湯治湯、千原温泉へ・・・。

画像


管理される方が変わりましたが、いつもの千原温泉がそこにあります。

かわいらしい犬もおられますよ。運がよければであえるかもです。

足元湧出の湧きたての濃厚な32度くらいの湯が、ぼっこんぼっこん。

画像


時間の流れが現代とは異なっているような空間です。

しずかに目をとじ、大地からの恵みと向き合いながら小一時間すごします・・・。

体もそうですが、それ以上に気持ちが浄化されるような気がします!

500円。ワンコインの至極の贅沢です。

冬場には暖まり用の五右衛門風呂もあります。自分は使いません。

湯上り震えながら丁寧に体をふき、服を着こむとふしぎと体が暖かいです。


そして三瓶山周辺エリアから一気に日本海!

温泉津温泉へと歩を進めます。

山の温泉から海の温泉へ。ぬる湯からあつ湯へ・・・。

転地効果もバッチリ(?)。

虹の架け橋とともに温泉津温泉元湯。

画像


手製の回数券を番台の方にお渡しし、しぶい脱衣場をへて、貫禄の浴槽へ・・・。

画像


いつも多くの方々で賑わってます。

座り湯、ふつう湯、あつい湯とありますが、ふつう湯で一般の方ではちょっと熱くかんじる湯温だと思います。

源泉かけ流しで、日によってあるいは時間によって湯温が異なってきます。

お湯が澄んでいる時は「要注意」です(笑)。

真からあつ〜い湯を堪能できます。


浴槽に浸かっている人よりも、外で座り込んでぼーっとしている方の方が多いというのがここの風物詩。

あつい湯がどうしてもダメという方は、向かいの震湯に浸かることをお勧めします。


おまけ

温泉津のお酒といえば若林酒造さん

画像


いかにも年の瀬にふさわしい「開春」

画像


温泉津の湯と同じ、ちょっと独特の風味とそしてはっきりと主張する酸味。


皆さまにとって来年がいい年となりますように。乾杯。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします
sattoruさんの定番湯めぐりですね〜。千原温泉、お湯が濃厚そうですね。小一時間入ってるとは・・いつもながら脱帽です。温泉津温泉元湯、きれいな虹が撮れましたね。虹って写真にきれいに映るんですね。何か縁起が良く、今年もいい年に過ごせそうですね
おぐまさ
2017/01/01 22:13
足元湧出ですか!入ってみたいです😊
32度ですと、温くて湯から出るのに少し勇気が必要ですね…😅
温泉津温泉、湯温がまちまちなんですね!自然の恵みを肌で感じられていいなって思います✨
ぽわん
2017/01/02 16:04
おぐまささん。明けましたね、おめでとうございます!おぐまささんにとって素晴らしい年となりますように。超定番(笑)、湯巡りです。千原温泉はおぐまささんにも一度浸かって頂きたいなと思ってますよ(笑)。ぬるいですが湯力満載です!周辺にお勧めの道の駅がないのが玉にきずです(泣)。
sattoru
2017/01/04 10:15
ぽわんさん。山陰の島根県の2湯です。千原(ちはら)温泉は足元からボッコンボッコン32度くらいのぬる湯が沸き出てますよ!一時間くらいじっくりと湯の沸き出る音をBGMに瞑想タイムです(笑)。湯からあがると大急ぎで拭いて服を着ます(笑)。ぽわんさんですと、近くにある二百名山三瓶(さんべ)山あたりを縦走され、ふもとの三瓶温泉で一息つかれ、こちらにゆっくりと浸かられるのがいいような気がします(笑)。一方、温泉津(ゆのつ)温泉は、石見銀山のしぶい積出港、わきだちの新鮮なあつ〜い湯に浸かれます。短時間入湯を繰り返しますと体のだるさが飛ぶような気がします。ぽわんさんは熱い湯が大丈夫な方ですか。千原は眠りを誘う名湯、温泉津は目の覚める名湯です。
sattoru
2017/01/04 10:24
「純米酒 開春」・良い銘柄ですね。新春にsattoruさんの記事を拝見しながら八代亜紀の舟歌の歌詞を・・ ”温泉はぬるめの源泉がいい・・しみじみ浸かればしみじみと〜” 温泉津温泉元湯の脱衣場 雰囲気いいですね ”店には飾りがないがいい・はやりの歌などないがいい〜”  ただ日常の常連さんの話声と湯が注がれる音が聞こえてくるようです。あけましておめでとうございます、今年も良い年でありますように・・
幸村
2017/01/04 16:36
幸村様。温泉津の開春は独特の風味を持つお酒でした。幸村さんの名調子に、お酒がすすみます(笑)。♪露天やサウナはなくていい 内湯がひとつあればいい…。
今年もよろしくお願いいたします!
sattoru
2017/01/05 00:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
湯治2連湯 千原温泉 温泉津温泉元湯(島根県) 湯遊人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる