湯遊人生

アクセスカウンタ

zoom RSS フレーフレー鳥取旅 下巻

<<   作成日時 : 2016/11/26 14:13   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

川のせせらぎで目をさまし、ぼんやりとしばらく川を眺めたあと、憧れの(?)朝湯へと向かいます・・・。

岩窟の湯をしっかりと堪能したあとは、朝食です。

画像


いつもはパン一個の朝食なので、こんなに贅沢な朝ごはんは久しぶりです(笑)。

ゆっくりと館内を見歩いて、旅館大橋さんを後にします・・・。

画像


残念ながら、体調が回復せず(泣)、基本は帰路につくことにしました・・・。

三朝高原方面を車で周遊し、鳥取県では自分の中では一番お邪魔しているかもしれない関金温泉へと

ハンドルを切っていきます。

いつもとかわらぬ関金の雰囲気でした。このあたりは地震の影響は少なかったのでしょうか。

共同湯の関の湯

画像


こじんまりとした木の浴槽のみ、シンプルさが美しい!

画像


白金の湯といわれる清澄なラジウム泉、病んだ体にじんわりとしみわたります(笑)。

じっくりと湯に向き合ったあと、少し関金を散策します。

隣りの温清楼さんが実質的に営業をやめ久しいのですが、週末のみ飲食関連のイベントをなさっていた形跡

がありました。ですが、最近その取り組みもやめておられるのでしょうか・・・。

その飲食系のお店が出ている時には、名物の露天風呂を足湯として利用できる・・・そんな感じの説明

があったような気がします。

自分がお邪魔した時には、そのいずれもなさっておられないような感じでした。

鳥取旅と銘打ちながら、この関金にて鳥取を離れることになってしまいました(泣)。

また、いつもの日帰り湯巡りにてお邪魔しようと思います。

鳥取はいつもの去りがたい魅力ある温泉県でした!!


なにげなく伯耆大山や、蒜山の目を奪われる紅葉に後ろ髪をひかれながら、この旅最後の行程となってしまう

岡山県の名湯湯原温泉へと向かっていきます・・・。

画像


無料の露天風呂、そして露天風呂番付の西の横綱、砂湯にやってきました。

川の上流には豪快な湯原ダム

画像


この日は結構寒かったのですが、わりと多くの方が来られていました。

自分は、いつも3つある湯船の中で、屋根がついていて一番高温の長寿の湯に浸からせていただくのが

ルーティーンです(笑)。

画像


こちらも足元湧出の名泉です!!

アルカリ性の単純泉。すこしとろみのかんじられるいわゆる美人湯ですね。

女性の方はちょっと難しいと感じられる方もおおいかもしれません。

湯原には共同湯的な温泉施設もありますので、そちらを利用されるか、あるいは少し南に名湯真賀温泉が

ありますので、そちらの「普通湯」で浴されるかがいいかと思われます。(本当なら「幕湯」がいいのですが、

こちらは非常に狭い足元湧出泉の混浴なので、より入りにくいのです。)


湯原砂湯に浸かり、今回の旅は終了となってしまいました(泣)。

あとは帰るだけです。体調が悪いと好きな運転も苦痛に感じてしまいます。

皆さま、寒い季節を迎えますので、くれぐれもお気を付けください。


おまけ

岡山の矢掛(やかげ)のしぶい酒屋さんで買ったお酒 賀茂緑

画像


甘さ控えめの旨さ 飲みやすいお酒でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ややぁ、やっぱり素晴らしいツアープランでしたですね。豪華カニ三昧の老舗旅館大橋、ラジウム泉で有名な三朝温泉、さらにその中にあって「トリウム泉」は知りませんでした、まだまだ勉強不足です。長野にはラジウム泉は少なくその濃度も薄いです、しかも足元湧出は羨ましい限りです。そして関金温泉、さらに砂湯と最高の湯旅でしたですね、体調が優れない中無事ご帰宅できたようで良かったです
幸村
2016/11/26 22:52
幸村様。鳥取の温泉をたくさんご紹介したかったのですが、かないませんでした(泣)。旅館大橋の岩窟の湯は一度は浸かってみたいと思っていました。トリウム泉はおっしゃる通り他では聞くことがないですね。関金温泉の共同湯関の湯は、もしかしたらラジウム泉もお好きな幸村さんにも気に入ってもらえるかもしれないと思っています。ちょっとぬるめなんです。今回はいつもとは違ったちょっと贅沢をさせてもらった旅でしたが、自分には似合わないように感じました(笑)。一生懸命車で移動して、共同湯に2、3浸かって夜遅くに帰ってきて近所でラーメンかカレーを食べて帰宅するいつもの湯巡りが性に合っているかもです(笑)。慣れないことをして体調を崩してしまいました、お膝元は大変寒くなっていることと思います、ご自愛願います!
sattoru
2016/11/27 00:51
体調のすぐれない中、無事に行き帰りの運転が出来て良かったですね!普段元気なのに何故に旅行前に?!って思っちゃいますよね(笑)素敵な旅館でした。基本は帰路という事でしたが、結構お風呂入ってますね(笑)もう体調も戻ったでしょうか。これから寒さ厳しくなります、ますますお大事に。それにしてもあ〜カニおいしそ〜
おぐまさ
2016/11/27 21:43
おぐまささん。帰路はなんとかかんとか帰りました(笑)。ふと、「どこでもドアが発売されたら40年ローンでも購入したい」なんて妄想を抱きましたよ(笑)。旅館大橋と岩窟風呂は記憶に残る経験となりました。それとこんなに蟹を食べるのも最初で最後のような気がしました(笑)。少なくても鳥取の湯をもう2、3湯ご紹介したかったのですが…。久しぶりに鳥取砂丘にも行きたかったのですが…。また、いつもの日帰り湯巡りで訪れようと思います。次の東京深夜バスの旅ではスカイツリーと高尾山、それと黒湯をめぐる旅を敢行しようとひそかに思ってます(笑)。
sattoru
2016/11/28 01:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
フレーフレー鳥取旅 下巻 湯遊人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる